平成の剛球投手「久保田智之」とは・・・


安芸リハビリキャンプ中の久保田智之投手
この頃は安芸の美味しい海産物を一杯食べて
ふんわかした体つきでした。一軍ローテ入りしてから
体調が悪いのも手伝って少し痩せてしまったね。
プレッシャーに負けずガンバレ!

常磐大学3年生時代(提供:四番星桃次郎さん)
関甲新学生野球1部リーグ、対上武大学、2001年10月13日(土)

2004年 久保田智之投手 投球成績データ

久保田智之(くぼた・ともゆき):1981年(昭和56年)1月30日埼玉県比企郡吉見町生まれ、2002年ドラフト5巡目指名により阪神タイガースに投手として入団、2003年成績:5勝5敗、登板試合数26、奪三振100
野球:もともと体が弱く、父親が体力をつけるためにということで、剣道をやっていたが、友達がやっていて面白そうという理由で、小学校3年生のときに「野球をやらせてほしい」と直訴。剣道をやめて、野球に打ち込む。滑川高校への進学も、甲子園にいくためではなく、同級生と見学にいった野球部が生き生きと練習していたことから決める。
捕手:小さい頃から体が大きく、体幹がしっかりしていたため、野球部でのポジションは捕手がメインだった。いまでも座って投げると、なかなかどうして、似合ってます! でも、小さい頃から走ることは苦手だったらしく、今でも100m14〜15秒台でかなり遅い方。ポジションが捕手や投手だったからという言い訳はなしよ。 
「滑川の大魔神」:久保田投手は98年の夏、西埼玉地区の滑川(なめがわ)高校から甲子園出場。当時は正捕手で、しかも4番を打ち、さらにリリーフ投手としても大活躍。まったくノーマークの同校が久保田捕手の投手としての活躍で2勝したことから、こう呼ばれた。5年後、この男がプロ野球、それも阪神の1軍で投げるとは、誰も予想しなかったのでは?
体格:180cmと野球選手として背丈は平均的だが、背筋力は300kgと球団一。体重は2003年12月からの安芸リハビリキャンプで97〜98kgまでアップ。以前より一回り大きくなった。ひじの怪我も腕の周りの筋肉を増強することでリカバーキュアできると思われていたが、最近すこし痩せたようだ。足のサイズは28cm。血液型AB型。
性格:昨年の1軍デビューでの投球は図太さを示したが、野球(というより球を投げること)が本当に好きで、どんな環境でも集中できる投手。負けず嫌いの直球勝負と対照的に、高音で少し弱々しい声とのギャップはすこし不思議。実は超照れ屋で少し人見知りする。
母校:阪神との契約金(7000万円)の一部をお世話になった母校、東第一小、吉見中、滑川高に寄付した。昨年の自主トレも滑川高校で行ったように、地元や母校への想いが強い。昨年、阪神優勝を期に実家の近所に、滑り台などの遊び遊具を寄付した。また、無名だった常磐大学を全国に名をひろめてやろうという気持ちも強い。
大学:茨城県水戸市の常磐(ときわ)大学へは甲子園三回戦終了後に、野球部監督から電話があり、早々に進学を決める。有名大学からもお誘いがきたが、投手として誘われたのは常磐大学だけだった。大学時代は、関甲信リーグで活躍、野球以外にもサーフィンなどを楽しんでいた。
理系:滑川高校では3年生は理系クラス、大学は人間科学部コミュニケーション学科に進学。マスコミ論やメディア論などネット関係の授業も履修。携帯のメールも器用にこなす。でもパソコンや機械類は苦手。虎風荘では桜井選手とともにいち早くケーブルテレビに加入、何を観ているんでしょうね?
苦手:記者やカメラマンなどの取材、メディア攻勢とファンに大勢囲まれることが苦手。球団もそんな久保田智之投手を暖かく見守っている。自分の道を自分なりに歩みたい気持ちが強いからのようだが、ファンサービスも大事だよ。ちなみに、食べ物はトマトとレバーがダメ。でも・・・・トマトは滑川町の特産物なんだけどねぇ〜
愛称:滑川高校で甲子園出場した当時は「トモユキ」「トモ」、チームメイト内では藪投手に「ハルク」(同名映画の主人公より)と名付けられ、コーチ陣からもそう呼ばれることもある。また、ネットコミュニティのファンからは可愛らしく「クボタン」という愛称で呼ばれることもある。
髪型:大学時代はサーファー?らしく長髪だったのが、2003年1月の新人自主トレの後に心機一転、短くスポーツ刈りにカット。親しい人たちから、結構似合っていると言われて気をよくして、現在に至る。
嗜好:お酒が大好き(直接聞いたところ、最近少し節制しているとのことですが・・)で、飲みだすと日頃とうって変わっておしゃべりになる。たばこ(マイルドセブンライト等)も適度に吸う。虎風荘で暇があるとチームメイトと将棋やパチスロに励むことも。虎風荘では「パチ仲間」(+某コーチ、トレーナー?!)が結成されているらしい。やはりプロ野球選手は勝負師だ!
裏話:阪神タイガースのスカウトに惚れられ、当初は、ドラフト自由枠入り候補であった。しかし、大学野球界の知名度という面で球団首脳陣からマイナス評価がなされ、また阪神第一希望のため、惜しくも(公式には編成上の理由により)自由枠からはずれる。昨年の優勝目前のひじの怪我による緊急降板も本人は予想していなかったこと。自由枠の悔しさを乗り越えて、前シーズンは活躍できたように、十分にリハビリを積んで次シーズンの活躍の糧にして欲しいと、心から祈っている。
愛車:ボルボ、虎風荘から買い物やパチスロへ行くのに大活躍! 江草投手のグランドチェロキーもうまく運転する。近々新車を購入するという情報もある。やはり、ルーキー鳥谷選手に対抗するためか?(笑)
甲子園テーマソング:『路地裏の宇宙少年−アルバムミックス−』(ザ・コブラツイスターズ)・・・・・・でも、なんで、この曲?
もし、久保田投手に関するプロフィールや逸話をご存じでしたら
こちらまで情報をお寄せ下さい。

(Update 2004.07.24)