2004年1月9日から10日
高知県安芸市 リハビリキャンプ

 以前から興味があったのが、安芸では具体的にどんなリハビリがなされているかということでした。もちろん天気が悪い日は室内のみでしょうし、選手の状態によってメニューは変わってきます。本当のリハビリメニューは、杉本トレーナーや石原コンディショニング担当に聞かないとわかりませんが、外から見る限り、次の内容が主体でした。
 ・宿舎から安芸ドームまでのランニング
 ・距離を変えながらのキャッチボール
 ・二人一組のダッシュ・ランニングあるいは距離を変えてのタイム・トライアル
 ・軽めのノックや敏反応運動(後ろからボールを投げて、それを前でキャッチ)
 ・昼食(宿舎のお弁当や近くの中華料理屋からの出前も!)
 ・筋トレおよびリハビリ用治療器(トレーニング室)
 ・特打(マシン打) (濱中選手向け)
 1月9日には、ダッシュ・ランニング中にこんなコミカルなシーンがありました。
(注、下記の説明文章はフィクションです、あしからず・・・)

「チャンとやれ〜」
という神の声

じゃあ、きっちり
やりますよ!

せーのー
っと

手をこう
あげて

ちがう
こうだって

よく
みせてくれよ

だから
こうだって

もっと
手が上だよ

あー
疲れた

最初から
もう一度

用意っ
ドン!

ハイ!
ハイ!

もっと
手をあげて

一生懸命
やってるんだけど

アイツら
何やってんだ?

今度は
腕の

回転を
こうやって

あわせて
みようよ

こうかな?
いや

やっぱり
こうだよ

 昼食前に、近くのコンビニでしょうか、車で買い物にいって戻ってきた二人。
 今日は江草投手が運転手でした。本当の兄弟みたいな雰囲気です。

 翌日、1月10日も晴天に恵まれて、朝から安芸は暖かくてポカポカ。いつものように選手はランニングで宿舎から安芸ドームに到着し、いつものようにキャッチボールからリハビリメニューを開始。ところが、久保田投手が江草投手相手に、いきなり打撃役を開始してノック練習。その後は中継練習。さらに、バットを目印にして、コントロール練習。でも、江草投手がきっちり2度もバットを倒したのに、久保田投手は・・・・剛球なんだけど・・・・ネェ。


おれの球を
取ってみやがれ

打撃役
もできるんだぞ

フライで・・・あっ
抜けちゃった

よし
今度こそ!

目標物に
向かって

ばしっと
投げます

いぇ〜江草投手
目標達成

おれだって
こうやって

ぐいっと
やれば

当たるはず・・
・・なんだけど・・

このバットが
球当ての目標でした


安芸 リハビリキャンプ Part4へ飛ぶ