2004年1月31日〜2月1日
伊丹空港〜高知龍馬空港
高知県安芸市 二軍キャンプ

 いよいよ春季キャンプのシーズンがはじまりました。久保田智之投手は期待された一軍キャンプではなく、高知・安芸市での二軍キャンプに参加することになりました。ご存じのとおり、1月20日から宜野座でリハビリを経た後、1月30日に大阪にあらためて戻り、翌日、高知・安芸へ行くという忙しいスケジュールです。
 キャンプ開始前日の1月31日、木戸二軍監督をはじめとする二軍キャンプメンバーは伊丹空港から空路で高知入り、その日に安芸の宿舎に入りました。K30は同じフライトに乗る機会に恵まれました。それでは、伊丹空港から高知龍馬空港までのレポートをご覧下さい。

(注.このページは画像をクリックしても大きくなりません、あしからずご了解下さい)

 伊丹空港からは選手、スタッフともにおのおの到着します。人気選手にはあっと言うまに人が群がり、サインをねだられたり、写真のフラッシュがたかれます。


一番乗りは太陽投手

ヤングタイガース参上!

期待の筒井選手、なかなか人気者です

沖縄へ取材に行く亀チャン登場!

「えぐぅ〜」という黄色い声が飛びます

みんな若くてピチピチしてます

みな、若さ溢れてます

濱ちゃん何故か新庄風スタイルで登場!

 実は伊丹空港の入り口では久保田投手を見つけられませんでした。どうも、一番遅く来たようで、K30は急ぎ、セキュリティを通り、ようやく久保田投手を見つけることができました。1枚だけ写真を撮らせてもらいましたが、外と違い、セキュリティを通った後は誰もサインや写真をねだる人もおらず、大変静かな状況でした。K30も、ここは選手のためにも、じっと我慢し、セキュリティ内部や飛行機内部では、写真はいっさい撮らないことにしました。


背広姿も決まってますよ

 高知龍馬空港では、安芸市松本市長による花束贈呈がなされ、選手が続々とバスに乗り込みます。テレビの取材も結構あり、高知ローカルニュースの一番手はどの局も阪神(+近鉄)のキャンプメンバーの高知入りでした。


安芸猛虎会も参上!

選手が集まってきました
「全員そろったら出て行くぞ〜」

木戸二軍監督が松本市長から花束受け取る

八木選手が選手を代表して
安芸市スタッフから花束を受け取る

濱チャンも颯爽とバスに向かいます

ヤングタイガース頼みますよ!

選手たちはバスに続々乗り込みます

松本市長(左)とK30(中)、高知のファン(右)

 K30は高知龍馬空港で安芸市・松本市長と再会、久しぶりの話題で盛り上がりました。松本市長からは、イエロージャージを着る高知のファンに「あなたのおかげで、テレビの映りがよくなって助かったよ」と言っていただけました。

 さあ、いよいよ今日2月1日から安芸で二軍キャンプがスタートします。K30は、大阪からアシスタントのこいさんに応援を頼み、二人で精力的に取材を開始しました。


安芸ドーム周辺はキャンプ準備OK

優勝記念碑の表彰&除幕セレモニー

せいのっと・・・

その間に、濱中選手等、続々と選手入り

タクシーで来る選手も多いです・・・

おっと、久保田投手が登場です・・・

朝からかなり気合いが入ってます!

久慈選手と萱島選手が登場

「おぉ、久しぶりだねぇ〜」

荒井、加藤、柴田の若手投手

「ちょっとサイズ違うのかなぁ?」

「リハビリで体が大きくなったからかなぁ?」

太陽投手、子供が生まれて気合い入ってます

「リンちゃん、元気だったあ?」

歓迎式がはじまりました
選手や監督・コーチも緊張してます

花束を受け取る背番号31の濱中選手

この背番号、みんな目に焼き付けてね

久保田投手はどこ、どこ・・・?

名物の全員ランニング

宜野座と違って、久保田投手は一番後ろ

 その後、サブグランドにうつり、投手陣はキャッチボールを行います。さっそく、久保田投手もブルペンかなぁとおもったのですが、残念ながら今日はブルペンに入らず、フィールドでの練習が続きました。


ずーーっと向こうでキャッチボール

パスボールで江草投手がこちらに来ました

八木選手も手前側でノックやってます

ノックを林選手と一緒にやります

はーい、僕についてきて〜

ブルペン入りした伊代野投手

新井投手を鳴尾浜以来見ました

投球練習する田村投手

東ブルペン捕手と小宮山捕手

木戸監督とブルペン裏のコーチ陣

濱チャンがサブグラウンドでトレーニング開始

メイングラウンドでは打撃練習が続く

若手がみんな張り切って打撃練習してます

和田コーチもノックに特打に一生懸命

久保田投手が加藤投手に何やら計算してます

おいおい、どうした、どうした・・・

実は、何人づつ(何組で)走るかの計算でした・・・

「久保田〜」と何度もコーチの声が飛びます!

「みんな、先に失礼するねぇ〜」

「今日は初日なのに、ハードだったなぁ〜」

 久保田投手の帰り際に「このホームページを見ている人に向けて一言お願いします」(K30)とお願いすると、「ガンバリマス」(久保田投手)と応えてくれました。この笑顔いいでしょ〜。K30は2/2までの予定だった、安芸取材を都合で打ち切って、急ぎ高知空港から東京に戻りました。あと、1度はなんとか都合をつけて、久保田投手を見に行きたいと思っています。


「久保田投手!」(K30)

「23歳おめでとう」(K30)

「あ、はい」(久保田投手)

少し照れてます

「ホームページ見てる人

に一言お願いします!」

「ガンバリマス!」

リラックスすると

こういう笑顔を

至近距離でサービス!

明日からも頑張ってヨ!

久保田投手とK30
(動画がオリジナルなんですが、まあこれで勘弁してね)

二軍キャンプ Part2・番外編(安芸関連紹介)へ飛ぶ